前面投影型の電子黒板について

電子黒板には色々な種類があり、特に投影方法によっていくつかのタイプに分けることができると言われています。
前面投影型電子黒板は、プロジェクターを前側から投影して映し出すタイプの電子黒板になります。
このタイプのメリットとしては、黒板やホワイトボードに投影するので、パソコンを使用しない時でも、通常の黒板やホワイトボードとして使用することもできるので一石二鳥と言えるでしょう。
また強度の面に関しても、非常に丈夫で表示している部分の破損などが気になりませんし、少しの衝撃では、壊れることもないので、小学校や中学校での使用にも向いていると言えるでしょう。
また値段も比較的リーズナブルで、大きな画面のタイプでも、低予算で購入することができるので、学校などで大量に利用する時におすすめでしょう。
またホワイトボードにキャスターがついているものは、持ち運びや移動も便利に行うことができますので、おすすめです。
デメリットとしては、電子黒板だけでなく、プロジェクターを使用しなければいけないという点でしょう。
http://電子黒板.jp/で知られるエファタ株式会社が販売している電子黒板は、テレビ型ともいわれる電子黒板で、プロジェクタを必要としない、大きなパソコンといった形です。
こちらであれば、プロジェクターの焦点設定等も必要なく、電源を入れて十数秒で書くことができるようになり、非常に直感的に使えるといった面で有利です。
やや高価にはなりますが、プロジェクタが不要な点、そして前面投影型の電子黒板のにじみが無い点を考えると、エファタ株式会社の電子黒板は注目に値するでしょう。